よくある質問

ここでは、日頃証券取引を行いたいと窓口にくるお客様の中で多かった質問事項をQ&A形式でまとめてあります。
基本的な疑問などはこちらである程度は解消できるようになっていると思います。

証券取引におけるよくある質問

「株」ってそもそも何ですか?
株式会社が資金調達のために発行するもので、会社を運営するためにかかる資金を、株を売ることによって調達します。
株はどうすれば買えますか?
ネット証券を展開しているサイトで口座を開設することで購入することができます。どの株に投資をすればいいか悩んでいる方は証券会社に行き相談をすることもできます。
口座開設はどのように開設するのですか?
ネット証券の場合、そのサイトで「口座開設」をするというボタンがあるはずなので、そこを押してからはそのサイトの指示通りにすれば開設できます。ただ、開設の際には本人確認資料などの提出が必要になるので、開設には時間がかかります。
いくらぐらいから投資は始められますか?
投資の種類に応じて金額が変わります。また、口座開設にはお金がかからないので、自分の余裕のある範囲で投資をすることができます。1,000円単位から始めることもできます。
複数の口座を持ったりして大丈夫でしょうか?
はい。可能です。口座自体を開設するのは無料なので、どの証券会社・ウェブ証券で開設するのも自由です。ただしNISAは、一つの口座でしか取引が行えないので、そこはどの証券会社を利用するかはお客様が決める形になります!
税金はかかりますか?
はい。かかります。所得税と住民税で20.315%の税金がかかります。(2018年1月現在)ただし、自分で計算する手間が発生するので、その場合は特定口座での取り組みがいいと思います。またNISAであれば年間120万円までは非課税です。
税金の申告は必要ですか?
特定口座で取引をしている分には申告は必要ありません。ただし、Aという証券会社での取引がマイナス、Bという証券会社での取引はプラスといったように相殺できる場合などは申告が必要です。(還付金が戻ってくる場合はあるので、義務ではないですが申告をお勧めします)
ネット証券と証券窓口で取引をするのはどっちがいいですか?
窓口であれば担当者のアドバイスがかかります。ただし手数料がネット証券より多い。その逆で、ネット証券であれば、アドバイスなしで取引しなければなりませんが、手数料などが安くなります。※それ以外のメリット・デメリットは以下を参照ください。
マイナンバーの提出は必要ですか?
はい。必要です。そこは各証券会社の口座を開設するときに提出が必要なものは全て必要です。マイナンバーが導入される前に口座だけある人は別途、各社の判断に委ねてください。

仮想通貨取引におけるよくある質問

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!