株式用語集 ら・わ行

利ざや(りざや)
借りたお金の金利よりも高い金利で貸し出した場合に得ることのできる利益。銀行の収益の源泉のひとつである。証券取引の場合では、売値と買値の差額によって生じる利益。
利率(りりつ)
投資元本に対する収益の割合を利回りと呼ぶことに対し、額面金額に対する年当たりの利子の割合を利率という。
日本の債券は、多くが年2回、半年ごとに利払いがあり、債券一枚ごとの券面には、1回ごとの利払いのために利札(クーポン)が付属していて、利札と引換えに利子を受け取ることになっている。そこで、利率のことをクーポンレート又は単にクーポンと呼ぶこともある。
連結決算(れんけつけっさん)
企業には、親会社、子会社(または関連会社)が、1つのグループを形成しているケースがある。企業グループ全体の決算のことを「連結決算」、個々の企業の決算のことを「単独決算」と呼ぶ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!