• 仮想通貨
    次に流行る仮想通貨はこれだ!HTが誘うHuobi Proがおすすめな訳!
    2018年1月30日
  • 仮想通貨
    仮想通貨企業の格付けが発表!Aランク格付けはなし・・・
    2018年1月25日
  • 株価はこれからどうなる?証券会社トップが徹底予想!!
    2018年1月25日
  • 仮想通貨
    コインチェック事件から・・・仮想通貨取引所って安全なの?事件と安全について調べてみた!
    2018年1月27日
  • 仮想通貨
    仮想通貨HTがリリースされるも開始1分で完売!
    2018年1月26日
  • 仮想通貨
    仮想通貨を初心者が調べて解説してみた!
    2018年2月3日
  • 投資信託
    元本保証だと思っていたのに・・・高齢者とのトラブルが絶えない・・・
    2018年1月25日
米消費者物価指数、1月予想を上回る→利上げ加速か?

ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した1月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.5%上昇と、市場予想の0.3%上昇を上回った。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアCPIは前月比0.3%上昇と、2017年1月以来、1年ぶりの大幅な伸びとなった。市場予想は0.2%上昇だった。米連邦準備理事会(FRB)が今年、利上げのペースを上げるとの見方を後押しする。

統計は金融市場にさらなる影響を与えた。金融市場では既に、1月の賃金の伸びが加速したことで物価上昇への懸念が浮上し、乱高下していた。

統計を受けて米国債価格が値下がりしたほか、ドル指数.DXYは上昇後、下落に転じた。序盤の米国株式市場は下落したが、下げ幅を縮小した。

労働市場の引き締まりと政府支出の増大が物価上昇圧力の背景にあるとみられている。物価上昇の兆しを受けFRBが、予想よりも速いペースで利上げを進めるとの不安が広がっている。利上げペースが加速すれば経済成長は鈍化する。FRBは今のところ今年3回利上げする見通しを示している。最初の利上げは3月とみられる。

PNCフィナンシャルの首席エコノミスト、ガス・ファウチャー氏は「FRBの仕事は今、景気過熱を防ぐことだ」と述べる。「最近導入された減税政策と議会での予算協議の合意で複雑になっている」と付け加えた。

unikatsu
消費者物価指数(CPI)は物価の上昇/下落(インフレ/デフレ)を判断するための指標です。
物価が上がってくると国は利上げ施策をとりやすくなるためアメリカで利上げがあるかも・・・?ということですね。
経済が勢いを増し続ければ、物価上昇率がFRBの2%目標にさらに近づきます。市場予想は「3月に利上げ実施」があると見ています。
利上げになると株価は下落する傾向にあるので2月下旬からは様子見ムードになるかもしれませんね。

ちなみに日本のCPIは毎月20日前後に発表されますので要チェック!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!

関連キーワード
  • 民泊法施行で届け出増加
  • 今後の株価推移予想は?PER的には割安か。
  • みずほFG、今期純利益予想を発表。予想を上回り今後に期待。
  • 大手携帯電話会社の販売手法にメスー公正取引委員会2度目の警告ー
  • NYダウの影響でJASDAQ平均は連日で今年最大の下落
  • AIによる経済指標予測〜今週の日経平均予想〜
おすすめの記事