• 仮想通貨
    仮想通貨HTがリリースされるも開始1分で完売!
    2018年1月26日
  • 仮想通貨
    仮想通貨企業の格付けが発表!Aランク格付けはなし・・・
    2018年1月25日
  • 仮想通貨
    仮想通貨を初心者が調べて解説してみた!
    2018年2月3日
  • 株価はこれからどうなる?証券会社トップが徹底予想!!
    2018年1月25日
  • 投資信託
    元本保証だと思っていたのに・・・高齢者とのトラブルが絶えない・・・
    2018年1月25日
  • 仮想通貨
    コインチェック事件から・・・仮想通貨取引所って安全なの?事件と安全について調べてみた!
    2018年1月27日
  • 仮想通貨
    次に流行る仮想通貨はこれだ!HTが誘うHuobi Proがおすすめな訳!
    2018年1月30日
仮想通貨企業の格付けが発表!Aランク格付けはなし・・・

米大手格付け機関Weiss Ratingsは2018年1月24日、世界で初めて投資家の意志決定を支援する目的で、時価総額10億ドル市場となった仮想通貨の格付けを発表した。ビットコイン(BTC)はC+、イーサリアム(ETH)はBで、今回は仮想通貨全体でAランクがなかった。

格付けは「Weiss Cryptocurrency Ratings」と命名され、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(NEM)など74種の仮想通貨について、評価項目は①リスク指数②収益指数③テクノロジー指数④採択指数の4項目で評価される。技術、取引パターン、テクノロジー、および使用方法に関する何千ものデータポイントを分析する画期的なモデルに基づいているようだ。

格付けは「値上がり」を期待して評価されるものではないが、高い評価はそれだけ人気になる可能性があり、ウォールストリート街だけでなく一般投資家も大きな関心を示してきた。

仮想通貨時価総額のランキングの1位から10位までの格付けは以下の通り。

Bitcoin(BTC):C+
Ethereum(ETH):B
Ripple(XRP):C
BitcoinCash(BCH):C-
Cardano(ADA):B-
Stellar(XLM):C+
Litecoin(LTC):C+
EOS(EOS):B
NEO(NEO):B-
NEM(XEM):C+
Weiss RatingsのMartin D. Weiss(マーティン・D. ワイス)氏は、格付けの目的について「われわれは現実世界を再現するため、長年にわたりインテリジェントなモデルを使った分析技術を構築して、これらを仮想通貨に提供した」と語っている。また「4つの指標の加重平均を用いて、最終的な評価を下した。当社の目標は、投資家が賢明な意志決定を行えるようにすることである」と述べた。

今回の格付けは、ビットコイン(BTC)がイーサリアム(ETH)を下回るC+評価になったことで、ややびっくりする結果になっている。仮想通貨の格付けは、投資をする上での特に安全性の基準を示すものである。圧倒的な時価総額を誇るビットコインは、技術的なボトルネックが指摘されて、評価がやや落ちた訳だ。ネット上では早くも、ビットコイン(BTC)の低評価に疑問の声が上がるなど、反響は大きい。

中の人
格付けは信用度を表すものです。
ビットコインは高騰・暴落と幅が大きかったこともあり格付けが低いみたいですね。
仮想通貨そのものが振れ幅大きいので何とも言えませんが、特にビットコインは取引量が多いですからね。
今回の格付けは発表前から注目していた人が多くいますから、それなりに反響がありそうです。

格付けが高い仮想通貨に資金が流入しそう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!

関連キーワード
仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨取引所でコイン不正アクセス・・・被害額は約580億円に・・・
  • みなし仮想通貨交換業者って何?金融庁が報告徴求命令してるけど、詳しく教えて!
  • ビットコイン値下がり(年初来安値)買い時か?
  • サイバー犯罪の幹部がビットコインを使って違法取引か?
  • コインチェック事件から・・・仮想通貨取引所って安全なの?事件と安全について調べてみた!
  • 次に流行る仮想通貨はこれだ!HTが誘うHuobi Proがおすすめな訳!
おすすめの記事