どこまで行くトランプ政権!?JPモルガンとゴールドマンCEOが経済政策を高評価!

25日朝のトランプ米大統領のダボス到着を前に、ウォール街幹部らは歓迎ムードを醸成している。

  JPモルガン・チェース最高経営責任者(CEO)のジェイミー・ダイモン氏とゴールドマン・サックス・グループCEOのロイド・ブランクファイン氏が24日、トランプ政権の政策が経済成長を後押しし、相場を上昇に導くだろうと評価した。

  ダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会でCNBCのインタビューに応じたブランクファイン氏は、「支持しない政策より支持する政策のほうがはるかに多い」と述べ、「トランプ大統領が経済に対して行ったことを心から気に入っている。大統領は経済を強力に支えるため格別の努力をしたと思う。だからそれらに敵対したくはない。率直に言って、高く評価したい」と賞賛した。

  ダイモン氏はブルームバーグテレビジョンでのインタビューで、トランプ政権から発せられる言葉よりも政策に注目していると発言。「私が注目しているのは、税制や適切な規制改革について、米国でよい政策決定がなされているということだ」と語った。

中の人
トランプ大統領は元々経営者ですしね。経済効果だけ見ると、他に適任はいないかもしれません笑
今回の高評価で米株市場はイケイケムードが続きそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!

おすすめの記事