• 仮想通貨
    次に流行る仮想通貨はこれだ!HTが誘うHuobi Proがおすすめな訳!
    2018年1月30日
  • 仮想通貨
    仮想通貨を初心者が調べて解説してみた!
    2018年2月3日
  • 投資信託
    元本保証だと思っていたのに・・・高齢者とのトラブルが絶えない・・・
    2018年1月25日
  • 仮想通貨
    仮想通貨HTがリリースされるも開始1分で完売!
    2018年1月26日
  • 仮想通貨
    コインチェック事件から・・・仮想通貨取引所って安全なの?事件と安全について調べてみた!
    2018年1月27日
  • 株価はこれからどうなる?証券会社トップが徹底予想!!
    2018年1月25日
  • 仮想通貨
    仮想通貨企業の格付けが発表!Aランク格付けはなし・・・
    2018年1月25日
元本保証だと思っていたのに・・・高齢者とのトラブルが絶えない・・・

銀行窓口で販売する保険商品をめぐって、トラブルが絶えない。特に、投資性の高い一時払い保険「外貨建て保険」に対し、高齢者を中心に「元本保証だと思っていたのに損失が生じた」といった相談が寄せられているという。相談件数も多く、国民生活センターが注意を呼びかけている。(飯田耕司)

 銀行窓口で保険商品の販売が全面解禁されてから、昨年12月で10年。一時払いの外貨建て保険のトラブルが目立ち始めた。

 外貨建て保険は、年金や終身があり、顧客から預かった資金を利回りの高い米国債や豪州債などで運用する。保険金や年金、解約返戻金などは外貨で受け取る。ただ、為替相場が円安になれば受け取る資産がかさ上げされる半面、円高ドル安になれば目減りすることになる。このため、投資型商品としての側面が強い。

 この外貨建て保険をめぐって、国民生活センターには相談が相次いでいる。

 「相続税対策として勧められた。元本保証と思っていたら、変額終身保険で、300万円ほど元本が減った」(80代女性)

 「解約しようとしたら、40万円ほど損をするといわれた」(70代女性)

 「払い込みの金額にプラスした金額を受け取れると思っていたが9割しか受け取れなかった。苦情を伝えたら『当時の職員は退職した。損失補償はできない』といわれた」(50代男性)

といった内容で、平成29年4~11月は前年同月比3割減となったものの、229件と高水準に変わりはないという。相談の多くが高齢者で、全体の8割近くに上っている。

 また、高齢者の親族からの相談も多く、「株取引もしたことがないのに外貨建て保険を勧められた」「銀行は為替リスクがあることを説明したというが、本人が理解しているとは思えないまま契約させた」といった苦情もきているという。

 国民生活センターは、保険契約していること自体に消費者の理解が得られていない▽消費者の希望に合っていない保険の勧誘や契約が行われている▽中途解約時や満期時もトラブルになりやすい▽外貨建て保険は、クーリング・オフしても損失が生じる可能性がある-ことが問題点だと指摘。消費者に対し、「内容が分からなければ契約はしないことや、リスクや契約期間の確認をすべきだ」と注意を呼びかけている。

 背景には、日銀のマイナス金利政策の影響で、利ざやが確保できないかわりに、保険商品を保険会社の代わりに「代理販売」することで、販売手数料を稼ぎたいという銀行側の思惑も透けてみえる。金融庁は、銀行が生命保険会社から受け取る手数料が高い保険を優先して販売している可能性もあるとして、販売手数料を商品別に開示するなどの対策を打ち出しているが、「投資性商品と説明して販売していないならば問題」として動向を注視していく方針だ。

中の人
外貨建ての商品は為替のリスクが伴います。
契約者は最初は円で買う訳ですから『元本保証』と言われると100万円で買ったら100万円で戻ってくると思い込んでしまうんです;
契約前に為替リスクは説明してもらっている筈だけど、そんな話は数年したら忘れちゃいますよね。
きちんと理解するまで何度も説明を聞きましょう。
今回のケースは円高になって損が発生したことを取り上げていますが、逆に円安になれば差益が出るんです。
とはいえ、数年後の見通しは難しいので私だったら円安になるまで外貨の運用を続けます笑

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!

おすすめの記事
民泊法施行で届け出増加
マーケットニュース
観光庁は20日、住宅宿泊事業法(民泊法)が施行された15日時点の民泊営業の届け出が3728件だったと発表した。前回の8日時点の2707件から...