日経平均は大幅に3日続伸!後場では更に上がるか?

*11:16JST 11時00分時点の日経平均は大幅に3日続伸、VテクやコシダカHDに物色

11時00分現在の日経平均株価は21999.69円(前週末比279.44円高)で推移している。前週末16日の米国市場でNYダウは政権運営の先行き懸念から伸び悩んだものの、19ドル高と小幅に6日続伸した。為替市場では円高進行が一服し、本日の日経平均はこうした流れから183円高でスタートした。輸出関連株や金融株を中心に買いが入り、日経平均は朝方に一時22040.05円(同319.80円高)まで上昇すると、その後も高値圏で堅調に推移している。

個別では、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、三井住友<8316>、ソフトバンクG<9984>など売買代金上位は全般堅調。ファナック<6954>やSUBARU<7270>は2%超上昇し、Vテク<7717>は6%近く上昇している。Vテクは有機EL製造装置を開発するなどと報じられた。また、フィットネスクラブ運営の米カーブスを買収すると発表したコシダカHD<2157>のほか、ARM<8769>、シグマクシス<6088>などが東証1部上昇率上位に顔を出している。一方、売買代金上位ではブリヂス<5108>が逆行安。前期決算の予想下振れがネガティブ視されているようだ。レーティング引き下げ観測の安川電<6506>も小安い。また、アイスタイル<3660>、新川<6274>、グローブライ<7990>などが東証1部下落率上位に顔を出している。

(株式アナリスト 小林大純)

《HK》

unikatsu
ちょっと前まで円安に振れているって話だったのに、今回は円高です。
動向はころころ変わるので毎日チェックするのは大変ですよね;

日々の値動きに一喜一憂するのではなく、長期的に見て投資するのが良いですよ!

もし「アメリカの運営が上手くいかず、利上げを実施しなくなる」と考えるのであれば「円高が進む」と見込んで輸出関連企業の株を買うのがいいでしょう。
個人的には米国の利上げ観測に変わりはないと思っていますがね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!

おすすめの記事