株の基礎知識:今更聞けないNISAとは?

NISAって何?

NISA(ニーサ)とは少額投資非課税制度のことで、国民の銀行預金や貯金を投資に使ってもらうことを目的に、年間120万円以下の投資で得た利益が非課税として優遇される制度です。
20歳以上の全ての国民が対象になっています。
国が「お金を預金に置いておかないで。もっと投資してお金を動かして。税金は取らないからさ。」と言っているのです。
それまでにあった投資利益への課税を軽減する制度が2013年に終了したのを期に、その代わりとして2014年1月からNISAが始まりました。
NISAはイギリスのISA(アイサ、Individual Saivngs Accountの略)をモデルに作られ、イギリスでは1999年の導入以来、国策として高い評価を得ています。
日本版ISAでNISAと呼ばれています。

NISAを利用すると何が良いの?メリットは?

NISAのメリットはなんといっても、120万円までの投資なら株や投資信託などで得た利益(配当金、売却益)の税金がかからないことです。
NISAではない普通の口座(特定口座・一般口座)だと、投資で得た利益には20.315%の税金がかかりますが、それがNISAなら非課税なのです。

例えば100万円の株を買って、150万円まで値上がりしたときに売ったら、売却益(譲渡益)は50万円です。でも、実際に自分が手にできる金額には、NISAかNISAじゃないかで、なんと10万円以上の大きな差が出てきます。

NISA:売却益50万円をそのままもらえる
NISA以外:売却益50万円にかかる税金:50×20.315=101,575円
     実際もらえる額:500,000-101,575=398,425円
     ※別途、証券会社に支払う売買手数料がかかります(SBI証券など、NISAなら手数料無料の証券会社もあり)

NISAで間違えやすいのが、非課税になる対象についてです。売却益の120万円までが非課税になるというわけではありません。120万円の資金で購入した株に対して、儲けた売却益への税金が免除になる制度です。

例えば、120万円の株を買って300万円で売った場合、売却益180万円が非課税になります。

しかもNISAは非課税なので、確定申告も必要ありません。確定申告に慣れていない人にとっては、手間もかからず嬉しい制度ですよね。

NISAは年間120万円まで!非課税対象の投資金額に制限あり!

非課税というメリットがある分、NISAにはいろんな制限があります。原則1人1口座までしか口座を開設できないこともそのひとつですが、他に重要なポイントが投資金額の上限です。
NISA口座では年間120万円までしか株などの金融商品を購入できません。また、120万円の非課税枠はその年限りしか使えず、たとえ30万円分余ったとしても次の年に繰り越すことはできません
さらに1度株を買って、もしその株を売っても非課税枠が回復するわけではありません。

たとえば、NISA口座で50万円の株を買うと残りの非課税枠は70万円になりますが、そこで50万円の株を売ったとしても非課税枠が120万円に戻ることにはならず、70万円のままでで次の1月に120万円まで回復します。

更に、期間についての制限もあります。

ある年に買った株の売却益や配当金が非課税になる期間は、買った年を含めて5年間です。

例えば2018年のうちに買った株は、2022年12月末まで非課税で運用(売ったり保有したり)できます。

NISAを使うとメリットしかないの?デメリットは?

デメリットのあります。そもそも利益がでないと非課税の恩恵は受けられませんが、それだけでなく
NISAではない普通の口座(特定口座・一般口座)と税金の計算を合算できないのです。

普通の口座での取引は利益が出た分と損失が出た分は合算して税金を計算することができます。
NISAはこの合算ができないので、
例えば、NISA取引でマイナスが出ました。普通の口座取引でプラスが出ました。というときに
普通の口座のプラス分には全額に対して税金が掛かります。
NISAを使っていなければ合算して税金が減ったのに・・・。こうしたときにNISAはデメリットになり得ます。

NISA口座で購入可能なものは?

・上場株式
・公募株式投資信託
・上場REIT (REITは不動産投資信託)
・ETF (上場投資信託)
・ETN (指数連動証券)
となります。
大きく分けて「株式」と「投資信託」とお考えいただいたら分かりやすいと思います。

Next<株の基礎知識:今更聞けないiDeCOとは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!