株の基礎知識:特定口座と一般口座ってなに?

証券会社で選択する「特定口座」と「一般口座」ってなに?

証券口座を開設するときに特定口座と一般口座の別を選択します。
基本的に特定口座を選択した方が後々ラクにはなりますが、税金に関する重要な項目ですので一応説明しておきます。
2つの違いは税金の納め方です。

特定口座:証券取引について税金の計算を証券会社がやってくれます。取引の都度、利益が出たら税金を引いた金額が口座内にストックされていきます。
また、特定口座の中でも「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」を選択することになり、
「源泉徴収あり」を選んでおけば確定申告は不要になります。特定口座内で損失が出た場合は確定申告しなくとも以前支払っていた(引かれていた)税金が自動的に還付されます。
対して「源泉徴収なし」の場合は、証券会社・銀行が作成した年間取引報告書を使って、自らが確定申告を行って税金を納めます。

一般口座:税金の手続きについて何もしてくれません。税金の計算から確定申告、納税まで、自分ですべて行わなければなりません。これは非常に難易度が高く面倒な作業ですから、投資初心者の人にはおすすめできません。

手続き上の負担が最も少ないのは特定口座(源泉徴収あり)です。
特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば、証券会社が年間の税金の計算してくれます。ただ、複数の証券会社で取引している場合は合算したいというケースもあります。その場合は年間の取引報告書をもって確定申告に行ってください。

Next<株の基礎知識:今更聞けないNISAとは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木株始めるってよ公式アカウントをフォローしよう!